最新情報

【2016年5月から6月に行ったセミナー研修(計4回)】 米国のPMについて。ご依頼元不動産会社様AM・PM部門に出向き、米国PMの現場で使われる英語を題材にPM研修を行った。 英文PMレポート作成・発表を含む
(2017/05/01)

【2017年5月から6月に行ったセミナー研修(計4回)】
第1回
1.「グローバルプロパティマネジメント」について
・含まれる項目・コンセプト                                                                                
2.外資(米国)のPMについて
    ・PMについての「考え方」の違い
        〜Leasing AND Management と 「プロパティマネジメント」 
    ・実際の新規受託のプロポーザル(英文)では、、
        〜「オーナーの目的からスタート」の例(解説)
  〜そして、「目的実現への戦略」へと続く、、、
第2回
1.さらっと前回の復習
   ・「グローバルプロパティマネジメント」「L & M 」 について→→スピーチコンテスト!
・「他の考え方」について−Q and A から 「利害衝突」の可能性について                                                                                
2.外資(米国)のPMについて 
    ・実際の新規受託のプロポーザルでは、、
       〜「フィーの提案」−インセンティブフィー 原文(英文)には、何と書いてあるか、、  
       〜「オーナーの目的からスタート」から
  「目的実現への戦略」へと続く、、、


第3回
1.さらっと前回のコンセプトを思い出して、、
   ・「Successful L & M 」
・「Owner’s Objective」 − プロポーザルでも、、                                                                                
2.外資のPMレポートについて 
    ・ビルディングA、実地見学実施させて頂きました ‐ ありがとうございました。
    ・外資PMレポートの例 その1 その構成など  
    ・外資PMレポートの例 その2 Initiatives の記述の実際 
第4回
1.さらっと前回のコンセプトを思い出して、、
   ・「Successful L & M 」 「Owner’s Objective」
   ・マンスリーレポートの位置づけ・役割 − 出せば読んでくれる!−「PMの便利な道具」                                                                               
2.外資を想定したPMレポート(英文で各自作成し、講師が添削指導)について、
各担当グループによるPresentation! 
    ・Aビル (竣工後間もない新しいオフィスビル)
    ・Bビル (立て替えを予定しているオフィスビル)
    ・Cビル (センスを求められるファッショナブルなオフィスビル)
    ・Dビル (REITに組み込まれているビル)